記事の詳細

就活時に靴を選ぶ際にも迷う人が多くいると思います。

スニーカーなどであればブランドもわかると思いますが、
なかなか革靴のブランドを複数知っている人も少ないですよね。

そこで今回は革靴の選び方をお教えしましょう。

革靴でみられているポイントはなにか

まず最初に結論から言ってしまいましょう。

就活生の革靴に必要なのはブランドでも高級感でもなく
最低限のマナーと清潔感です。

服装全体に関して言えることですが、靴にももちろん当てはまります。

シンプルな色

革靴の基本は黒です。

社会人の靴を見ていると中には茶色だったり個性豊かな色を履いている人もいます。

しかし就活生に求められるのは最低限のルールを守れることです。

まずは基本の黒から選ぶようにしましょう

紐で止める靴

ビジネスシューズには金具などで止めるものもありますが、
基本は紐で止めるものを選びましょう。

黒ほど強い縛りではありませんが、
おしゃれさを優先するあまり靴で個性を出しすぎない方がいいでしょう。

先端は丸みを帯びた形

中には先端がとがったタイプの靴もあります。

一見格好いい感じはしますが、就活生のイメージにはあまり相応しくありません。

丸みを帯びた形のタイプを選ぶようにしましょう

歩きやすさ重視

特に男性に言えることなのですが、普段あまりにも履きやすいスニーカーなどばかり履いていると
少し形がしっかりしている革靴で靴擦れを起こすことも多いでしょう。

実際にお店で履いてみることはもちろん大切ですし、
履いた際に少し力を入れて歩くようにしてみましょう。

軽く履き心地を確かめてみるだけでは足にフィットしているかわかりづらいものです。

今回は革靴の選び方をお伝えしてきました。

大切なのは靴で個性をアピールすることよりも、中身の勝負に持ち込めることです。

無難な見た目と機能性で選ぶようにしましょう。

ベネッセのオファー型就活サービス【dodaキャンパス】

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る