Blog

548ca65fd9d8428db7e7d429269396b0_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はあまり細かいことを話さず、まずは面接の一連の流れを説明していきましょう。
まだ1回も面接を体験したことのない就活生には絶対に読んでおいて欲しい内容です。

寸前になって焦るよりも、少しでも事前の知識・準備が合ったほうが遥かに落ち着いて面接を受けられます。

まずは家にいる時から、面接終わって帰るまでの流れを見て行きましょう。

面接の流れ

スタートは面接の前日からです。
当日だけが面接ではありません。

面接数日前まで

面接の質問対策をしておきましょう。
メインの質問にまずは力をいれ、その後余裕があれば出来る限り多くの質問パターンの対策を考えます。

面接前日

準備するものを確認し、企業への経路(乗り物含めて)を確認します。
遠方に受けにく場合は当然もっと前に準備する必要があります。

服も色々言われますが、基本的に清潔感ある格好で派手すぎなければそれだけで選考を左右することはありません。
シャツにシワが入っていないか、ストッキングが破れていないかくらいはチェックしておきましょう。

事前に持ち物リストを作っておけば、ちょっとした忘れ物がなくて済みます。

当日 出発前

出来るだけ余裕の持ったスケジューリングで家をでるようにしましょう。

荷物を確認し、交通状況もチェックし、自信を持って出発です!

移動中

この時はあまり考えすぎず、乗り換えミスや服の汚れに注意しましょう。
早めに出ていれば、少し電車が遅れていても慌てることはありません。
迂回できるルートを冷静に探しましょう。

最寄り駅到着

早めに移動していれば、かなり余裕を持って到着したはずです。
ここで出来れば受ける企業のビルを目で見て確認し、近くのカフェにでも入りましょう。

常に移動したまま入ると服装の乱れがあるかもしれませんし、意外と汗をかいたりします。

落ち着いてコーヒーを飲みながら、改めて自分の話すことを整理しておきましょう。
そして出掛けには必ずお手洗いに行き、自分の服装をチェックして下さい。

男性であればネクタイ、女性であればポケットや襟元を入念に確認しておきましょう。

現地到着

指定された時間の5分〜10分前を目標に入れるようにしましょう。
遅れると当然NGですし、早すぎても迷惑になります。

一度カフェで落ち着いていれば、面接まで時間がなくても既に心を整えられているでしょう。
もっと余裕があれば、一度ここでもお手洗いに行き服装や髪型をチェックしましょう。

それほど外見のちょっとした清潔感は大切です。
着ているものの値段ではないですよ。

受付

まずは受付に挨拶をしましょう。

  • 大学名と名前
  • 面接に来た旨
  • ◯時からのお約束

しっかりと名乗り目的を伝えた上で、案内してもらいましょう。

恐らく控室のようなところに通されると思うので、そこでも落ち着いて待機していましょう。
電話で宛先の人を呼び出す会社もありますので、相手の担当者の部署名と名前は必ず控えておきましょう。

入室

まずはドアがあればノックして入ります。
そこまで重要ではないですが、ノックの回数は3回にしましょう。

入る時は「失礼致します」とゆっくり、はっきりと言って、相手が見えればしっかりと礼をしてから席の近くに行きましょう。

着席

後は席の近くに行けば、大抵相手が「座って下さい」という旨の発言をしますので、バッグを椅子の近くに置きましょう。
荷物置き場を指定される時もあるので、指定された場合は指定された椅子や物置の上などに置きましょう。
出来れば床において立つタイプのバッグにしておくと便利です。

ここでも「失礼致します」と言ったあとで落ち着いて座りましょう。

しゃべり方

喋り方の基本は大きく3つです。

  • ゆっくり
  • はっきり
  • 大きな声で

喋るようにしましょう。
特に早口な人は意識してゆっくり喋りましょうね。

最後の質問

「最後に何か質問はありますか?」という質問の準備もしておきましょう。

出来れば相手に企業に興味を持っていることが伝わり、かつHPなどではわからない質問が理想です。
しかしここで質問できなかったからといって落とす、という企業は少ないと思われるので、あまり無理をしなくてもOKです。

終わりの挨拶

終わった後は座った状態で「本日はお忙しい中誠にありがとうございました」と言って、落ち着いて立ち上がりましょう。

立って身だしなみを整えた後、もう一度「ありがとうございました」と挨拶をし、出口に向かいましょう。
ドアの前で再度礼をし、「失礼致しました」とはっきり相手を見ながら言って退室します。

ドアを出てから

ドアを出たら深呼吸をしてもいいですが、まだあなたがいるのは相手の企業内です。
緩む気持ちを抑え、受付か最初に案内された場所に向かいましょう。

建物を出るまで

受付に挨拶をした後、建物を出るまではマナーに気をつけましょう。
社員にあったら会釈をし、掃除のおばちゃんにも挨拶して構いません。笑

いつどこで誰に見られていて、どこから評価が伝わるかわかりません。
企業が知りたいのはあなたの素に近い方の姿ですからね。

家に帰るまで

選考が終わったら、出来れば落ち着いているうちにカフェに入りましょう。
理由は選考の内容を覚えているうちにメモとして取るためです。

どのような質問があり、自分はどういった回答をしたのか。
上手く答えられなかった質問への対応することで他社の選考にも役立ちますし、今後の同じ会社の面接で過去何を言ったのか振り返るときにも使えます。

何度もカフェ入っていられない、という人は帰りの電車の中で携帯にメモしておきましょう。

家に帰ってから

先ほど携帯に面接内容をメモした場合はノートにも書き写し、次回別の面接までに質問対策をしておきましょう。

また面接について感じたこと、特に良かったことを控えておき、以後の面接で第一志望にした理由の1つにしてもいいですね。

加えて、企業の採用担当者にもお礼メールを送りましょう。
送る内容としては以下のとおりです。

  • 大学名と名前
  • 選考を受けている旨
  • 本日の面接の御礼
  • 印象に残っているポジティブなこと
  • 今後もよろしくお願い致しますという旨

ここだけで内定が決まるわけではないので、あまり手が込んだものを作らなくてもOKです。

送るべきか、送る効果があるのか色んな所で議論されていますが、送ってマイナスになることはまずありません。
社会人の貴重な時間を自分に費やしてもらったことへのお礼をする、非常に礼儀の良いことです。

シミュレーションしておこう!

以上が面接の一連の流れです。

やや変わる部分もありますが、大筋としてはどこの企業も同じです。
出来れば友人と一通り練習してみるといいかもしれません。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

就活のスタートは無料の大手就活サイトから!

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪