Blog

PPW_aoihanenooumu500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分から見た自分、他人から見た自分を整理できたあなたが、ついにESに魔法をかけることが出来る方法をお教えします。

ポイントは難しくありません。
誰にでも出来て、かつすぐに内容を書き換えることが出来ます。

先にまず先に結論から3点お伝えしてしましょう。

  1. 企業の欲しい人材像をアピールする
  2. 定量的な表現を含める
  3. 条件を限定する

絶対に意識する必要があるのは、採用担当者が落とせない内容を書くことです。

落とせないということはどういうことか、この3点で魔法を掛けるというのはどういうことか。
まずそのうちの「企業の欲しい人材像」の秘訣から定義しましょう。

1.企業の『ファン』であることを伝える

ファンと言っても、「商品を毎日使ってます」とか「最初の経験が貴社のサービス」というようなお世辞ではありません。
勿論その視点も大切ですが、もっと社会人としての現実的な意欲が必要です。

さてどうすればあなたの意志・思いが企業の採用担当者に伝わるでしょうか。

実は答えを企業が先に発表してくれているのです。

求めている人材像=選考を通過させる人材

企業のHPや就職活動サイト、就職四季報の採用欄に大抵「求める人材像」というものが記載してあります。

就職活動サイトの使い方はこちら、就職四季報の読み方はこちら

ESを書く時点でこの求める人材像を意識することが簡単な魔法のかけ方です。

自分はあなたの会社が欲している人材像に合っている人間です。
こんな経験をしてきたことも貴社に向いていると思います。

そういうアピールをするのです。

企業にとって採用は一大事業

a0008_001844

 

 

 

 

 

 

ここで参考までに会社としての「新卒採用」がどういうものか、会社の中にいる人間の視点からお教えしていきます。
少し話はそれますが、この視点が「求める人材像」の重要性を物語っています。

企業は毎年採用を行うにあたって、今年の採用予定数や方針、どの部署に配属するかをある程度明確にした上で採用を始めます。
採用には人事部のみならず会社の社長・役員クラスの意見も多々含まれており、大企業になるほど複雑です。

あちらの部署でも人が欲しければ、こちらの部署でも人が欲しい。
営業は「ひたすら行動力がある人」が欲しいけれど、研究職としては「思慮深い人間」が欲しい。
部署ごとで欲しい人材が違うことも多々あり、そこに役員クラスの意向まで関わってくるともうゴッチャゴチャです。

ではどうするのか?

会社の理念・ポリシーに沿った人材を前提として採用していくのです。
この基準で採用することで役員以上の意向も反映しますし、会社としての意義も今後継続出来うる体制ができます。

この会社の理念・ポリシーに沿った人材=「求める人材像」というわけなのです。

  • 【ポリシー・理念とは】
  • 会社として揺るぎないポリシー、方向性、理念、方向性というものがほとんどの企業にあります。
  • このポリシーはそのまま他社との違い、自社の存在意義になるので長年変えること無くブレること無く、その会社のカラーとして存在します。

更にもっと言うと、ESを読むのは大抵の場合人事部の社員、しかも役職がつかない人間のケースが多いです。
となればそのESを読む人間は上から言われた基準で粛々と当落を決めていくしか無いんです。

中小企業の場合役員までの距離が近かったり、社長のワンマン・独断と偏見だけで決まるケースもあるので一概に言えませんが、大企業の場合はかなり多数が当てはまります。

つまり「求める人材像」を企業に訴えれば、少なくともESの時点では通過する確率が高まるのです。

普通の会話に置き換えてみよう

a0002_001518

 

 

 

 

 

 

ここまでの内容を通常の会話に置き換えてみましょう。
きっとこの視点でみるとなおさら分かりやすい。

面:面接官
就:就活生

  • 【パターン1】
  • 面「うちはAという強みを持った人材を求めているのです」
  • 就「私の強みはBです。例えば・・・」
  • 面「・・・なるほど。」
  • 【パターン2】
  • 面「うちはAという強みを持った人材を求めているのです」
  • 就「私は貴社の求めるAという強みを持っております。例えば・・・またBという強みにも自信があり・・・」
  • 面「なるほど。では・・・」

どちらが会話っぽいでしょうか?
もちろん面接の最初に面接官が明確に求める人材像に関する発言をするわけではないですが、事前に就活生には欲しい人を伝えているわけですから、会話として答えるのが当然です。

言われたことを、その言葉の通りにまずは返す。
これは社会人として、一人間として非常に大切なことです。

それ以外の個性的なアピールは言われたことを伝えた後にすれば良い。
特にあまり落ちない選考でこの手法を使うと面接の合格率をほぼ100%にできます。

企業の「求める人材像」を自己PRでアピールする、志望動機でもアピールする。
この視点を必ず意識して下さい。

 

 

次回は
2.定量的な表現を含める
3.条件を限定する
この2点の魔法について具体的に書いていきます。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

就活のスタートは無料の大手就活サイトから!

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪