Blog

PAK88_tejyoutokinkai500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の更新は企業探しをしている就活生のあなたに向けたものです。

よく聞かれるのがほどほど、楽に働けて、社畜にはなりたくない。
でもある程度給料欲しいって要望です。

社畜というのは社会の家畜のように、会社の言われるがまま働き、文句を言わず虐げられる人々のイメージでしょうか。
文句も言わず安い給料や酷い職場でも働き続ける日本人を、揶揄する表現で使われることが多いですね。

そのような社畜にはなりたくないけれど、やっぱり給料は欲しい。

働いてみるとよく分かりますが、このような恵まれた環境はそうありません。

今回の目的は就活生と社会人とのギャップを埋めること、事前に社会人の現実を知っておきましょう。

そこそこ稼ぐって年収いくら?

就活生の言うそこそこ稼ぎたい、っていくらくらいなのでしょうか?
年収500万?800万?はたまた1,000万円?

平均年収/生涯賃金(100職種別) 2012年版 - DODA[デューダ]

転職用サイトですが、平均年収のデータを活用させてもらいます。

これによると現在の全業種通した平均年収は442万円です。

といっても平均だと上の層、年収がかなり大きい人が平均を引き上げていますので、中央値でも見てみます。
中央値とは1001人いれば500人目の人がいくらもらっているか、というデータです。

中央値だと400万円、つまり半分以下の人は400万/年も貰えてないことが分かります。

これは全年齢含めた平均ですから、若手の頃はもっと遥かに低いことも明らかです。
どうでしょう、就活生から考えると想像以上に低いのではないでしょうか?

ほどほど稼ぐ、というのが500万程度ならまだしも、700、800万以上稼ぎたいと思っている人は最初から楽な仕事は出来ないと考えておいたほうがいいでしょう。

年収は残業代を含んでいる

色々なところに載っている平均年収には大抵残業代などの諸経費が含まれている状態です。

この残業代というのは、法律で定められた時間、1日でいえば8時間以上働いた場合に企業は必ず割増して払わなければなりません。
1日8時間を超えて働くことを時間外労働と呼び、通常賃金の25%増で支払うよう労働基準法で定められているのです。

この残業代を含んでの平均年収ですから、年収のうちかなり多くの割合を残業が占めることになります。

そこそこ働いて稼ぎたいと思ってる人はあまり残業をしない想定でしょうから、想像しているよりも年収が低い、ということになるでしょう。

社会の実態・実際の職場

実際のところ、社会の職場の大半は以下の3つです。

    1. かなり働いて、多くの給料を貰える
    2. あまり働かず、少しの給料をもらえる
    3. かなり働いて、少しの給料しか貰えない

1は商社や銀行などがそうでしょう。
国家公務員で役所に勤めている人もここに含まれます。

ひたすら働くことで、元々高い給料に加えて残業代も貰う。
苦しさや辛さと引き換えに相応の給料をもらうことが出来ます。

2は内勤の管理部門やコーポレート部門に多いです。
あまり残業は多くないですが、その分残業代も少ないため給料も安い。

なかなか平均年収まで上がらないケースも多いでしょうが、お金よりもプライベートを充実させたい人にとっては良いですね。

3が残念ながら多いのも実態です。

残業代は多いものの、残業代が支払われていない、いわゆるサービス残業が多くを占める。
サービス残業をして働くもののなかなか成果が上がらず、結果として給料も安くなる。

「サービス残業とか法律違反じゃないの?」
「今の時代ほとんどないでしょ!」

と思っている就活生のあなた、恐らくサービス残業を1度もしたことのないサラリーマンはそう居ません。

企業もまず表には出しませんのでそういうデータも無く、私としてもあまり書きたくは無い内容ですが、実態はそうである、という思いは頭の片隅にでも置いておいて下さい。

それでも社畜にならずそこそこ稼ぎたい人へ

もちろんこの環境が絶対に達成できないわけではありません。
幾つか方法はあります。

公務員を目指す

公務員もあなたが考えているほど残業が少ないわけでなく、給料もかなり安いです。

しかしそれでも倒れてしまうレベルの残業が横行しているわけではないのも確か。
給料だって生きていくことに苦労するほどではないでしょう。

試験は難しいし倍率も昨今高いですが、今から目指すのも手です。

副業で稼ぐ

あまり残業がなく、給料も高くない企業ならば多くあります。

そこで本業として稼ぎながら、他で稼ぐというのも手です。

しかし他で稼ぐというのも決して簡単ではなく、本業での収入も少なくなった時にはかなり生活に苦しみます。
最初からこの道を選ぶのは覚悟が必要です。

かなり厳しいことも書いてきましたが、いくら忙しいところでもあなたなりに働く動機を見つければ決して苦ではないことも多いです。
実際に商社マンと呼ばれる人たちも、かなり多忙ですが働くことに生きがいを見つけて頑張っている先輩も多く居ます。

自分の人生をどうしたいのか、まずは将来設計から考えてみるのが良いかもしれません。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

就活のスタートは無料の大手就活サイトから!

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪