Blog

034133
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は一次・二次面接での面接官について書きましょう。
タイトルの通り目の前に座っている面接官は就活生が思っている以上に大切な人間ではありません。

むしろ『自分の良いところを見逃すんじゃないぞ!』という売り込む意識が望ましいくらいです。

もちろん企業の顔であり次の面接に進めるかどうか、という権限は持っています。
一見矛盾しているようですが、その理由を説明していきましょう

1,2次面接に出てくる面接官はどんな人?

1,2次面接での面接官は人事部の担当〜部長クラスが多いです。
後は営業や開発部門ごとの中堅どころが1人出てくることもあります。

人事部といえば、一見とても権力を持っていて会社の中心に思えますが、実際は営業・開発現場から厳しい目線で見られていることも多いのが現実です。
就活生が想像するような花形部署ではない企業がかなり多いです。

彼らも中間管理職

彼らの役割は就活生の合否を決めることなのでしょうか。
確かにその表現も間違ってはいませんが、より適切なのは次の選考に来る上司に見せる人を選ぶという役割でしょう。

その先の3次・最終面接には人事部のトップや各部門の役員クラス、社長が出てきます。
最終的にあなたが内定かどうかを決めるのはこのステップで出てくる方々です。

1,2次面接に出てくる面接官は上司にあなた達を見せていいかを判断するのです。

元々人事部には保守的な人たちが多いのは間違いありません。

  • 『この就活生を通過させたのは誰だ!』

なんて発言を上司から絶対に聞きたくないわけです。
その保守的な人たちが上司に紹介する人材はどのような人材か、相手の立場に立って考えればあなたが何を喋るべきか明らかになってきます。

『企業』にとって必要な人材であることをアピールせよ!

先ほど書いたように1,2次面接の面接官は上司にあなたを紹介します。
あまり自分の好みに特化して通過させるわけにはいかないのです。

その時に最も頼りがちなのが企業の求める人材像です。
この人材像は人事部だけではなく、社長を含めて数多くの役員や社員が決めたもので会社としての公式メッセージです。

あなたの長所が企業の求める人材像とリンクするようにアピールをしましょう。

相手の立場に立つと取るべき行動が分かる!

このテーマで言いたいことは幾つかありました。

  • 面接の時に目の前にいる面接官に怯える必要はないこと
  • 『企業の求める人材像』が本当に大切なこと

しかしこの2つ以上に相手の立場を考えてみることの重要性をお伝えしたかったのです。

面接官はあなた達を選ぶ立場ではありますが、社内では数多くの難しい人間関係に囲まれています。
その立場を想像し、理解することが就活だけではなくその先の社会人生活にも大きな武器になるはずです。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪