Blog

a0001_011463
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動をはじめて、最初に取り掛かることが多い『就職活動サイト』への登録。

まず就職活動サイトの重要性を表すデータを書きましょう。
これを見れば活用方法や裏話を知りたくなると思います。

 

◯2013年卒のうち95%以上の就活生が登録
◯企業へのエントリーのうち就職活動サイトからが最も多く、約60%も占めている
(2位が企業HPからであることを考えると、より重要性が分かるかと思います)
◯説明会、選考の情報、最終的には内定の通知も就職活動サイトで行われることも多い

これだけ重要なところですから使い方は今のうちに知っておきましょう。

 

就職活動サイト例

就職活動の日経就職ナビ

無料登録で 日経新聞の記事も読める日経就職ナビ。

企業情報と業界情報の両方を調べられます。

 

 

まずは就職活動サイトを次の3つに分けて説明していきます。

◯就職活動サイトの役割と裏話
◯お勧めの就職活動サイトはどこ?
◯就職活動サイトの裏話

就職活動サイトの役割

a0001_011480

 

 

 

 

 

 

シンプルに言えばただ1つ、あなたが企業へ応募する際の仲介役です。
仲介役というのはどういうことかと言いますと、下の応募ルート2にあたります。

【応募ルート1】

就活生→企業

就活生は直接企業へHPなどから応募するケースです。

【応募ルート2】

就活生→就職活動サイト→企業

あなたと企業の間に就職活動サイトが入るケースです。
こちらが現在の就職活動ではスタンダード。

 

でもこの2ルートを見て、
「なぜ間に就職活動サイトが入る必要があるの?」
そう思ったあなたは鋭いです。

では間に就職活動サイトが入るメリットを説明しましょう。

就職活動サイトのお陰でエントリーが楽になる!

メリット1.応募の手間を大幅に削減!

a0001_014259

 

 

 

 

 

各企業にエントリーするにあたって、あなたの個人情報が必要になります。

名前・住所・年齢・連絡先・経歴・特技・趣味・志望理由などなど。。。
そういった情報を各企業ごとに書いていたら相当な時間がかかります。

1社あたり30分だとしても、50社エントリーすれば25時間。
丸一日寝ずにずっとエントリーしても足りないですね。

 

そこで就職活動サイトでは一度登録した個人情報を、各企業に応募するごとに使い回し出来ます。

最初に就職活動サイトに登録する時点であなたの名前やら住所を記録しているので、応募する際に自動で入力済みの状態にしておいてくれます。
後は企業個別の質問に答えればいいだけですから、企業によっては3分も掛からずエントリーを完了できるところも多いです。

エントリーの手間削減という点で本当にありがたいメリット。

メリット2.知らない企業をすぐ調べられる

a0001_014254

 

 

 

 

 

あなたがずっと志望している企業や、有名な企業へのエントリーは各企業のHPからでも構わないと思います。

ただし世の中には非常に多くの企業があり、およそ550万もの企業が存在しています。
その内あなたがぱっと浮かぶ企業は50〜100くらいではないでしょうか。

 

実際、就活生のほとんどが知らない優れた企業が非常に多くあります。
代表的なのがBtoB企業です。

BtoB企業とは?

a0002_010472

 

 

 

 

 

 

Businesses to Business の略称でBtoB

会社 対 会社の取引を行なっている企業を指します。

これに対してBtoC Business to Consumer は一般消費者と取引を行なっている企業です。
あなたがテレビのCMや街の看板で見かけるのは大体BtoC企業であり、就活生から人気があるのもBtoC企業です。
自動車メーカーや飲食メーカーが代表的ですね。

 

しかし人気がある=良い企業ではなく、同じ年収の企業でも人気のあるBtoC企業の方が選考倍率が高くなる傾向にあります。

有名だから受ける人が増える→倍率が上がる、非常にシンプルなことです。

有名な企業に受かってチヤホヤされるのも1つの選択ですが、どうせ良い企業を受けるなら少しでも倍率が低い方が受かりやすいですから、BtoB企業をオススメします。

 

さて本題に戻ると、今のあなたと縁のないBtoB企業を調べるのに、就活サイトはとても適しています。

◯業界
◯地域
◯売上高
◯従業員数
◯福利厚生
などなど、様々な検索方法で企業を探すことができます。

大本命の企業を受けるのであれば、その業界の他の企業も調べて、出来れば選考を受けておくべきでしょう。
いざという時の保険にもなるし、業界の知識も身につき、エントリーシートや面接の練習にもなります。

地元での就職を視野にいれている人は地域検索が必須でしょうし、一定以上の売上をあげている安定企業に勤めたいって考えもありですね。

 

良い探し方は後の更新で書いていこうと思いますが、まずはあなたの思う理想・希望の企業を少しでも多く探してみましょう。

次回は数ある就職活動サイトの中から、オススメのサイトをご紹介します。

 

就職活動サイト目次

◯就職活動サイトの役割
◯最初に登録すべき就活サイトはここだ!3大就職活動サイトを分かりやすく比較してみた。
◯就活生必見!就職活動サイト日経就職ナビの使い方!
◯就職活動サイトの裏話!無料で利用できるカラクリはこれだ!

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪