Blog

N825_kurayamidePCwotukau500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック企業。
実に嫌な響きです。

就活生のあなたもブラック企業には絶対に入りたくない、そう思っているでしょう。

実際に怪しげな会社に内定をもらい、潰れていく人は大勢います。
それが覚悟の上での入社であればいいですが、外から見るとわかりづらいケースも多々有ります。

そこで今回はまずブラック企業の特徴をお教えしましょう。

ブラック企業とは

一般的にブラック企業とはどのような企業を指すのでしょうか。
Wikipediaには以下のように書いてあります。

労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いたり、関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)を従業員に強いたりする、もしくはパワーハラスメントという心理的、暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)のことを指す

要は長時間労働や精神的苦痛を伴う職場で働かなくてはいけない企業を指すのです。

ブラック企業は人によって違う

長時間労働や精神的苦痛というのは、人によって感じ方が大きく異なります。

誰が見てもブラックだ、という企業もあるのですが、人によって耐えられるレベルの労働時間や精神的苦痛の種類が違います

そこで一般的に言われているブラック企業の特徴を挙げていきますので、あなたにとってそれが苦痛なのかどうか考えてみましょう。

ブラック企業の特徴

長時間労働

まずは肉体的にくる長時間労働。
いわゆる残業が多い、というやつです。

志望者の多い商社や銀行も労働時間が長いため時にブラック扱いをされますが、その分残業代が支払われ、給料が高いケースも有ります。
体力に自信がある人にとっては必ずしも労働時間が長いこと=ブラックではないケースも有ります。

休日出勤

仕事が終わらない、お客様の都合上などの理由でどうしても休日にも仕事があるということもあります。

周りが休んでいる中出勤しなければいけない、ゆっくり休む時間がない、というのは肉体的にも精神的にも来るものが有ります。
休日出勤の頻度も非常に気になるところでしょう。

成果へのプレッシャー

特に営業にありがちなのが、成果・目標達成しない時のプレッシャー。

理論でコツコツと責められてて、自分の能力の無さや行動の非効率を淡々と指摘される。
時には暴言と思えるような言葉で問い詰められることもあります。

外資系では成果が上がらない人をスパっと切るケースも有ります。

厳しい分給料が比例して高いケースもありますが、精神的に辛い面が強いケースは強いストレスへとつながります。

パワハラ・セクハラ

酷い上司や役員、社長がいるケースも辛い勤務になる可能性があります。

きっちり相談できる所があれば良いのですが、もみ消しに長けた上司が多いケースも多々。
社長自ら、なんて時にはもう逃げ場所がありません。

上司であるのを良いことに特定の人への差別を行ったり、時には接触・嫌がることを強要をするという話もあります。

嫌な仕事を強要される

自らが全く望んでいない仕事や、勤務地で働かされることも苦痛と感じるケースはあるでしょう。

急な転属や転勤、上司に嫌われて左遷されるというのもストレスになりえます。

厳密に見るとほとんどの企業がブラック?!

幾つかブラック企業のポイントを挙げてきましたが、社会の実態も把握しておく必要があります。

残業のない会社はほとんど無い

業界にもよりますが、徹夜したことが一度もない・休日出勤をしたことが一度もないサラリーマンは非常に少数です。

みんなが毎日18時に退社出来る企業はそうそうありません。

加えてその時間に常に帰れる仕事の大半は、給料が非常に安くなる傾向があります。
残業代は通常の勤務より時給が高いですからね。

サービス残業も普通にある

サービス残業をしたことのないサラリーマンもごくごく少数です。

サービス残業というのは残業代が出ない残業、即ちただ働きということです。

経費削減についてうるさい昨今、残業代の削減は多くの企業・部署が言われています。
とはいえ全ての仕事が業務時間内に終わるわけでもない、となれば少なからずサービス残業せざえるをえません。

上司の叱責や指導がどこからパワハラか

日本社会の傾向として、目上の人が絶対的な立ち位置を持つ傾向がありました。

目上の人が下の人に命令・指導をするのは当然である、という大前提にある人は非常に多いです。
あなたが人の上に立った時でも、今まで虐げられてきたのであれば部下にも同じようにする可能性は高いでしょう。

指導する分きっちり部下の責任は取る、という場合はむしろ自己成長にとって良い叱責であることも多いです。

転勤はサラリーマンにつきもの

部署異動や転勤による引っ越しはサラリーマンである以上、ほとんどの人についてまわる問題です。

そしてこれは基本的に拒否できません。
あなたの都合だけで仕事をしているわけではないですし、他の人の希望や想いも同じくあります。

「転勤がない仕事がしたい」と思う就活生の人も多いと思いますが、全国的に勤務地のある企業で絶対に転勤がないという保証は無いと思いましょう。
無理やり転勤をさせられるからブラック、というのは必ずしも当てはまりません。

自分にとってのブラックを把握しておく

ここまでブラック企業の特徴や実態を書いてきましたが、大切なのは自分がどういう環境で働くのがイヤなのかをしっかりと考えておくことです。

長時間働くのがイヤなのか、休日に勤務したくないのか、過度な成果プレッシャーがダメなのか。
特にイヤなポイントを事前に把握し、まずはその点を避けるように企業を探しましょう。

次回は企業のウリや謳い文句から、どういったブラックの可能性があるのか見分ける方法を書いていきます。
企業探しの参考にして下さい。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪