Blog

034133
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に面接官をしている、採用担当者の人から就活生を見る際のポイントを聞いてみました。
見られている点、ということは当然対策をした方が良い点ということになるでしょう。

今あなたが大切だと思っている点が意外と見られていなかったり、想定外のところが見られている可能性もありますよ。

採用担当者から上がってきたテーマはもちろん、一般的に大事だと思われている点についても聞いてみましたので、是非参考にしてみてください。

挙がってきたポイント

先に結果から教えちゃいましょう。
実際に採用担当者・面接官から挙がってきたのは次の点でした。

  • 第一志望かどうか
  • 自ら考え行動出来るかどうか
  • 会社の社風に合っているかどうか
  • 清潔感があるかどうか
  • はっきりと喋れているかどうか
  • 発言の中に嘘はないか

意外にも最初に挙がってきたのは「第一志望かどうか」という内容でした。
就活生からするとさほど大事ではなさそうな項目ですが、企業にとってはかなり重要な要素です。

また、一般的に言われている次の質問もぶつけてみました。

  • 学歴
  • 顔、スタイル
  • 服装
  • 急な質問への対応

では1つ1つ、実際の採用担当者の話も交えつつ紹介していきましょう。

今回は第一志望かどうか、ということについて書いていきます。

第一志望かどうか?

多くの企業採用担当者が重要視する項目です。

「弊社は第一志望ですか?」
この質問は面接の中で聞かれる可能性が非常に高いでしょう。

そしてその質問にあなたは必ず、
「第一志望です」
と答えるべきなのです。

そもそも何故第一志望であることを重んじるのでしょうか?

企業が第一志望の就活生を必要とする理由

大きく3つの視点から見ることが出来ます。

まず1つ目は内定辞退の数を減らすことです。
企業の採用計画はどの部署に、どのくらい人数が必要なのか事前に決めているケースが多く、欠員が出ると後々調整が難しくなってくるのです。

欠員が出るということは採用に携わる人達の評価が社内で低くなってしまうことも想定できるため、よっぽど能力がずば抜けた人以外は、内定を出した時に入ってくれる人を優先します。

2つ目は上司からの評価を保つためです。
内定辞退の更に前、選考の途中で急に来なくなってしまう就活生も珍しくないようです。
いわゆるドタキャンというやつですね。

当然このドタキャンも志望度合いが高い企業ほど低くなるでしょう。

「ドタキャンするような就活生をお前は通過させたのか」
そのような一言を間違っても聞きたくない社員は、自社への想いが強い人を通すのですね。

3つ目は離職率を下げるためです。

社会に入ると想像していたより大変なことや辛いことが多くあります。
その1つ1つに情熱を持って取り組めるのは、やはりその企業に対する興味をもった人です。

あまり考えず受かってしまった企業に愛着がわかない人も多いため、辞める人も増えてしまうのですね。

この3つの理由から、「第一志望」という優先度が高くなるのですね。

第一志望と思われるために

企業の採用担当者も、就活生がみんな「第一志望です!」と嘘でも言うのを知っています。
ただその場で元気よく言うだけでは、他の就活生と同じです。

ではどこまでやっていれば第一志望と思ってもらえるのか。
ここのアドバイスを逆に採用担当者に聞いてみました。

【第一志望と思ってもらえる条件】

  • その場での第一志望アピール
  • 業界の研究・知識
  • 競合企業の選考状況
  • 競合企業と比べた時に自社を選んだ理由
  • 他の業種や企業で出来そうに無いことを伝える

上記はそのまま志望動機にも当てはまることですね。

その場で第一志望であることを伝えるのは当然大切ですが、その後が非常に大切です。

まず第一に、第一志望であれば業界の知識やニュースは当然知っておいて欲しい。
決して高レベルでなくてもいいから、興味を持って調べていることが伝われば最低限OKということでした。

また、好きな業界であれば、他の企業も受けているのは当然です。
「御社が第一志望なので、他の企業は受けていません!」
なんてことは逆に自分の評価を下げているわけですね。

他の企業を受けたり説明会に参加する中で、自社を選んだ理由を話してほしいということでした。
自分で考えてもって来てくれるのがベターだけれど、せめて説明会で聞いたことからでも自社を選んだ理由を明確に伝えて欲しいとのことです。

そしてその理由が、明らかに他社や他業界でも出来ることでは無いようにしてほしいとのことでした。

「社会の役に立てる」→「じゃあ公務員目指せば?」
「他社には無い技術力」→「そのような会社世の中に星の数ほどあるよ?」
時々このような意地悪な返しをするそうですが、意地悪のようで至極当然の返しなのです。

第一志望アピールをするために、同業他社も受け、その中で各社ならではの強みを理解するようにしておきましょうね。

 

 

今回は一番大切な「第一志望」の重要性を書きました。
次回はその他のポイントを書いていきますので、是非続きを読んで面接対策をしてみてください。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

就活のスタートは無料の大手就活サイトから!

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪