Blog

83c6ecc237c9382edc148dd3f4ca85c5_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は第一志望が1社、何としても入りたい企業がある人向けです。

少しでも内定を貰える可能性を高めるために、出来ることをお教えしておきます。

就活におけるESや面接は、実力だけではなく運の側面も確実にあります。
どんな優れた人だとしても、1社を狙って確実に受かることが出来るわけではありません。

それでも選考の通過率を出来る限り高める方法をお教えします。

どういう人が内定を貰えるのか

様々なページで企業の欲しい人材を論議されていますが、実際に必要とされているのはどのような人材なのでしょうか。
内定を貰える人の条件をクリアすることで、あなたの内定が近づくと言えるでしょう。

    【企業が必要としている人材】
    1. 第一志望である
    2. 自社の求める人材像に近い
    3. 自ら考え行動できる
    4. 他人とコミュニケーションが適切に取れる

多くの企業に共通していて、かつ重要度の高いであろうポイントが上の4つです。

第一志望であることは就活生が思う以上に企業は重んじています。

いくら優秀でも、お金を掛けて育てた後に外に出て行かれても困る。
そして何より仕事に対する取り組みのレベルが低くなりそうな人は最初から取りたくは無いですからね。

他の3つをクリアしていくにはどうすれば良いか、テクニックをお教えしましょう。

企業の求める人材像に自分を近づけろ!

企業の求める人材像というのは、就活サイトや企業の採用HP、就職四季報に記載があります。

この本だけはオススメ!絶対に買え!『就職四季報』という就職活動の救世主!

 

第一志望の企業にどうしても受かりたいのならば、この「求める人材像」に限りなく自分を近づけて下さい。

具体的には、自己PR・志望動機で自分の強みをアピールする際に、求める人材像に関連する能力や過去の出来事を訴えるのです。
各企業の選考基準に必ず自社の求める人材との関連をチェックする項目があると思われます。

企業「うちはこういう人間が欲しい」
就活生「私はこういう人間で、貴社の求める人材像に近いです!そして過去にこんな体験を・・・」

すごくシンプルに書くとこうなります。
会話の流れを考えるとすごく自然なアピール方法ですよね。

企業に関する情報は全て集めろ!

第一志望であることが大切と書きましたが、第一志望の業界・企業ならば情報収集は必須です。

新聞・ネットの記事はもちろん、合同説明会にもその企業目当てて行きましょう。
普段はあまり必要のない合説も、どうしても入りたい企業がある場合には別です。

早いうちから採用担当者に接しておき、出来れば顔を覚えてもらえるくらい会いましょう。

直接会うことで仕入れる情報は、他の誰もが知らない貴重な情報である可能性があります。

同業他社も必ず受けろ!

第一志望に関する興味も勿論ですが、その業界に興味を持っていることも証明しなければなりません。

ここで同業他社を受けておくことのメリットは3つ。

    1. 業界の志望度合いをアピール出来る
    2. 1社だけに依存しない、視野を広げる
    3. 他社の強みを知り、第一志望企業への志望動機を考える

選考の中で「他社を受けていますか?」という質問は大抵来ますので、その時に競合他社の選考情報も伝えましょう。
業界そのものへの興味アピールになります。

そしてその後に必ず付け加えて欲しいのが、他社から見た時の第一志望企業の強み、志望動機です。

「この業界に興味が有るため、競合であるA社の選考も当然受けています。その結果、A社と比較して貴社の◯◯という強みが・・・」

このような比較が非常に有効です。

社員に突撃アポしろ!

一番有効なアプローチが、この現職の社員に聞くことです。

ただし、説明会で他の就活生も皆聞ける場面で聞いてもあまり効果はありません。

その社員が多く存在する屋外、出来れば企業の出口からちょっと離れたところで社員の方が現れるタイミングで話を聞いてみましょう。
勿論法律に触れない程度にしましょうね笑

もちろん忙しい社会人ですから、無視されることもあるでしょう。
冷たい目で見られてひどい言葉を浴びせられることもあるでしょう。

しかしそこで得た情報は、企業の目を通らない貴重な生の声です。
思いもよらない企業のポジティブ・ネガティブな情報を入手できるかもしれません。

 

そして大事なのは、選考の中でこの行動をアピールすることです。

「自ら貴社の情報を得るために主体的に行動し、直接接点のない社員◯人と話せる機会を作り、情報を得ました。」
「その中で◯◯ということをおっしゃっており、これは私が働く上で最重要であると考えていることでした」

このテクニックでは、企業のナマの声を手にすることが出来るのはもちろん、第一志望の企業に対して自ら考えて行動できること、知らない人とも積極的にコミュニケーションが取れること、何より第一志望であることを強くアピールすることが出来ます。

特に営業志望の人には是非やっておいていただきたい、とても効果があるテクニックです。

 

これは具体的なアピールの行動例でしたが、何よりもあなたの第一志望であるという思いを、相手に見える行動で示すようにしましょう。
面接のその場で「第一志望です」というよりも、遥かに大きな効果がありますよ。

 

考え方、話し方を再度整理しておきましょう。

    1. この業界を志望しています(理由も考えておく)
    2. 業界の中で競合含め数々企業を受けました
    3. その中でも貴社の◯◯という考え方や△△という強みから第一志望です!
    4. 強みを裏付ける話が、貴社の社員様に直接インタビューさせて頂いた中でより明確になりました。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

就活のスタートは無料の大手就活サイトから!

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪