Blog

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年卒就活生からかなり増えてきたインターンシップ。
今では非常に多くの企業が開催しています。

メリットは?開催時期は?給料は出るの?行くべきやめるべき?
あなたを含めて多くの就活生が悩んでいることでしょう。

1つずつ丁寧に、インターンシップについて説明していきましょう。
最初はそもそもの話から説明しますので、分かる人は気になるテーマだけ読んで下さい。

最初に結論だけ申し上げると、絶対にやるべきでしょう。
社会人になると他の会社でやっていることはほとんど見ることが出来ません。

今しかない、貴重な権利だと考えてください。

インターンシップとは?

一言で言うと職場体験が出来る仕組みです。
採用されないとなかなか職場の中に入れませんが、一足先に入って仕事をすることが出来るのです。

今の時点で、あなたは社会人がどのような仕事をしているのか想像が難しいはずです。

営業って実はお客さん先に行ってるだけじゃない。
社内の事務仕事をしている部署は想像以上に多い。

学生の時点では知らない仕事は山のようにあります。

後で書きますが、就活生にとってインターンシップはメリットが非常に大きく、やる方が間違いなく良いでしょう。

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

インターンシップは大手就活サイトから応募できます。

いつ頃やってるの?

開催時期は本格的に始まる前の時期からです。
多いのは大学だと3年生の夏休みあたりですね。

今はかなりインターンシップも浸透してきたので、数年前から開催している企業も珍しくありません。

目的は?

学生側の目的は職場の雰囲気を知ること。
企業側は逆に仕事の内容を知ってもらうことです。

企業側も「採用のミスマッチ」という入社後社員が辞めてしまう問題を抱えています。

学生・企業両者にとってメリットの大きい仕組みなのです。

どんなことやってるの?

具体的には、次の2つにわけられます。
1つは簡単な実際の仕事を手伝ってもらうというケース。
簡単なこととはいえ、実際にどのような仕事をしているのか目の当たりに出来ます。

もう1つは仕事の内容を体験してもらうようなグループワークや研修を受けるケース。
実際にその会社で行っている業務をイメージした内容なので、こちらも参考になります。

インターンシップのメリット

さて簡単にインターンシップの説明をしましたが、最初に書いたように非常にメリットの大きい仕組みです。
やらない理由が見当たらないと思った頂いても良いくらいです。

ではインターンシップをやるべき理由を説明していきましょう。

「仕事」の中身を知ることが出来る

学生のうちは仕事の中身が全くといって言いほどわからないでしょう。
知っていてもBtoC、普段私たちに接点のある人達の仕事くらいですよね。

営業ってどこに何を売りに行って、仕事のうちどれくらい外にいるの?
人事部って採用以外何の仕事をしているの?
研究職ってみんな独自で研究にいそしんでるの?
経理部っていつも何の数字を計算してるの?

意外と知らないことだらけですよね。

この仕事の中身を、会社の中に入って見ることが出来る貴重な出来事なのです。

自分にあった仕事を見つけやすくなる

先ほど書いた仕事の中身を見ることで、非常に重要な問題を解決出来ます。
それは仕事のミスマッチを減らすことが出来るということです。

昨今では社会問題になっている新入社員のミスマッチ問題。
入ったは良いけれど思ってた仕事内容と違って、若いうちに辞めてしまう・転職してしまうことが多いのです。

特に自分の夢だったり入りたかった仕事が、想像とあまりにも違うと相当なショックでしょう。
飲食メーカーやゲームや家電の開発、メディア業界に勤めたい人に多い傾向にある気がします。

自分の適性を見る上で全く違う業界のインターンシップに参加してみるのも良いことですよ。

将来の就活へアピールになる

インターンシップの際にほぼ間違いなく言われるのが『採用には一切影響しません』という一言があります。
しかし採用に無意味ではありません、むしろ採用に有利に働く点が多いでしょう。

1つは早めから第一志望であることを企業に伝えられること。
『去年夏のインターンシップの時から御社を第一志望にしておりました』
と面接で言うと説得力が増します。

もう1つは公にされることはないでしょうが、インターンシップの活躍が採用に繋がるケースです。
企業も慈善事業でやっているわけではありませんし、採用担当の人が運営していることが多いでしょう。

目立つ人は覚えているでしょう。
いくら無関係とはいっても面接の20分より、実際にインターンシップで見ていた仕事姿のほうが参考になるでしょうね。

インターンシップの気になるアレコレ!

さてインターンシップの概要とメリットを説明してきましたが、他にもよくある筆問に答えていきましょう。

どんな企業が募集してるの?

本当に数多くの企業が募集しています。

実際にどのような企業が募集しているのか見てみましょう。
締切が近い企業もあるでしょうから、まずは応募してみてもいいですね

どうやって応募するの?

基本的に2つあります。

まず1つ目、こちらが基本ですが大手就活サイトから応募するということです。
就活サイトとは就活生がほぼ必ず使う無料の就職活動支援コンテンツです。
将来の就活におけるエントリー・応募もここから行います。

もう1つが、学校に来ているインターンシップに応募するということです。
採用・就職課が大学には恐らくあると思います。
そこに大学向けのインターンシップ求人が来ていることもありますので探してみましょう。

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

相当数の企業がインターンシップに参加するようになりました。
条件検索で探してみましょう。

どれくらいの期間やるの?

土日の2日間で終わることもあれば、夏休みかけてやる企業もあります。
学生の学業に配慮して、比較的空いていることが多い期間にセッティングされる事が多いですよ。

給料は出るの?

多くの場合でません。
それに給料を目的としてのインターンシップはおすすめしません。

あくまで仕事の内容を理解するために参加すべきです。

雑用として使われない?

唯一インターンシップで気をつけることといえば、便利に使われるだけの企業に行かないことでしょう。
例えば何かを写すだけの作業だったり、本当の雑用しかさせられないケースです。

このようなケースに遭遇しないためには、大手就活サイトなどから過去の先輩の体験談を読むことをおすすめします。
どのようなことを任され、どう役に立ったのか見てみましょう。

地方でもやってる?

地方の企業も最近はかなり始めています。
地方の人材を確保することがかなり難しくなってきているので、積極的に取り組んでいるようです。

大手企業はさすがに東名阪だけというのも多いですが、地方にある企業にも目を向けて探してみましょう。

採用に影響する?

正直私は影響すると考えています。
しかし影響はしなくてもあなたの人生にとって非常に貴重な体験となるでしょう。

一度社会人として働き始めると他の企業でやっていることはほとんど見えません。

最初にも言いましたが、今しかできない貴重な経験、必ずやるべきです。

就活サイト!

就活のスタートは登録無料の大手就活サイトの登録から!
日経新聞と関係のあるキャリタスを大手就活サイト内でお勧めします

キャリタス就活2018 | 新卒学生向け就活準備・就職情報サイト

就活サイトから企業へのエントリーが就活の基本です。
まずは登録して第一歩を踏み出しましょう!

就活生向き短期バイト!

就活にはとても多くのお金が掛かります。少なくとも10万、多ければ30万以上掛かる人もいます。
そこで忙しい中でも働きやすい、短期バイトを探しましょう。


短期のバイト・アルバイト

お金も稼げて面接に使えるアルバイト経験にもなる。短期だと働く時間も短いので、就活の合間に入れられますよ!
試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどが人気あります。


就活マッチング!

無料で大変な企業探しや面接の手伝いをしてくれる新しい就活スタイルがあります。
限られた人数なのでみっちり出来そうですね

17卒・全国【業界大手~優良ベンチャーとのマッチングイベント】| MeetsCompanyイベント情報局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関係する記事

無料で手厚く支援!大手サイト!

あなたの診断に活用!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

就活のお金は短期で稼ごう!

就活には多くのお金が必要!
就活の合間を縫って1日から働こう!

短期のバイト・アルバイト求人情報ならバイトル

短期や単発のバイト
情報充実!


今すぐ始められるバイトも一杯!
お金に不安な人は早めに対策!

Facebookページ

更新のお知らせはこちらで♪